2010年04月05日

ダイ○ハウちゅ

220405.JPG

クライアントさんの介護事業に関して、建築会社選定の大詰めにさしかかっています。

弊社の開業支援のモットーは『独立・中立』。

今回の介護事業に関しては、今のところ三社に絞り込まれてきました。今月末には一社に絞る段取りです。


ですから、どこかの建築会社のバックアップをするつもりは全くありませんが、次回のドクターへのプレゼンに関して、確認したいことがあると建築士さんに言われたため、今日は、ダイ○ハウちゅさんにご訪問しました。


本社に入るなりダイ○マンのお迎え。

そして、受付のある階に到着すると、ダイ○マンエックス
に歓迎されました。

写真を撮っている時の受付嬢の冷たい視線は何とも言えませんでしたが・・・。

220406.JPG

サラリーマン時代の開業支援は、特定の建築会社とのタイアップでしたが、決してそこの建築会社が優れていたり、リーズナブルであるわけではなかったのですが、(サラリーマンでしたので従っていましたが)それが嫌で独立したようなものです。


私に顧問料を払っても、ドクターに結果的には安く開業して頂くために有限会社 夢・アシストは存在します。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net

posted by Matsuzaki at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

科目履修制度

MBAは関西の私立大学に通うことになりましたが、国立大学のMBAの科目履修生にも登録しました。

ダブルスクールです。


この国立大学は入試説明会で『大企業を優先して合格させます』と宣言するほどの、大企業主義で、周りの方々と名刺交換をしたのですが、ほとんど上場企業、そうだはなくても、ほとんどの平均的な日本人ならば知っている有名企業ばかりでした。

机の上に企業名と名前が記載された名札が置いてあったのですが、
私だけ『有限会社 夢・アシスト・・・』。

なんじゃ?その会社?有限会社?化石か?

と言う感じでした。


この大学に通う目的は、私のクライアントさんはほとんど街の小さな医療法人さん。私の会社も街の小さな会社。

私が通うMBAコース(私立大学)は、アントレプレナーシッププログラムがあるくらいで、どうしても私の視野が中小企業に偏りがちになりそうでしたので、無理を承知で国立大学にも通うことにしました。

上場企業の方との知人が出来ることも楽しみの一つです。


DSCF7141.JPG


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net




posted by Matsuzaki at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年04月04日

経営戦略論

新年度が始まりました。

今年は、週に一回私立大学「コミュニケーション」の、そして週二回専門学校で「経営管理」の講座を担当する事になっていたのですが、急遽「経営管理」から「経営戦略論」への変更が起こりました。


シラバスを作成し直さなければんりませんが、どちらかと言うと
「経営戦略論」の方が得意ですので、実は嬉しかったりしています。

「経営管理」に関しては、クライアントの医療法人さんで事務長をしている経験を、「経営戦略」に関しては、有限会社の代取としての経営をお話しさせていただいています。

「役に立つ経営学」・・・私の講義が目指すものです。

220401.JPG




ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net
posted by Matsuzaki at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2019年12月10日

社会人MBA

今年度から、社会人MBAに通うことになりました。


今までの医療コンサルティングは、実践的でクライアントさんの医療経営の安定に貢献しているという、自負はあるのですが、あくまでも経験則で、論理的な背景が不十分でした。


私の事業の最終的なミッションは、「医療機関の経営者及び管理者の養成」です。

医療法の関係で、日本では医療法人のトップは医師免許か歯科医師免許が必要ですが、近い将来、日本社会では(病院の株式会社化も視野に入れて、)医療機関の経営者及び管理者の養成が必要不可欠と考えています。

そのためにはアカデミックな要素が必要と考え、また改めて経営学を学び直し、そのエッセンスをクライアントさんにも還元しようと考えています。

私のクライアントさんは、街の医療法人が中心で(大病院ではありませんので)、経営プログラムだけでなくアントレプレナーシッププログラム、そしてドクターのお金に関する部門である「夢・BIYORI」にも資するファイナンスプログラムのある私立大学のMBAを選択しました。

220402.JPG


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net









posted by Matsuzaki at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年03月19日

借り換え

地銀さんとクライアントの医療法人さんへご訪問しました。

数千万の追加融資と数千万の肩代わり融資。

肩代わり融資では、現在の利率(2パーセント後半)から
1パーセント台まで落とすことに成功しました。

ドクターも喜んでいただけたようです。


最近、資金調達コンサルタントという職業の方と名刺交換をしました。元銀行員さんです。

彼は、依頼を受けた会社の経理の名刺を持って、銀行と交渉をし、融資を獲得すると(手付金プラス)融資金額の数パーセントの報酬を取るそうです。

もちろん、私はクライアントさんに対しては無料でさせてもらっているのですが、もし、これが資金調達コンサルタントさんならば、数百万円の報酬を獲得することになる計算です。

(私は将来に渡って、資金調達で報酬をもらうつもりはありませんが、)資金調達がビジネスにもなるという視点は新鮮でした。

ただ、メガバンクさんから地銀さん、信用金庫さんが私と仲良くして下さるのは、やはり報酬をもらわずにクライアントの資金調達をしているからであって、もし、報酬をもらったら、多分、彼らは私を遠ざけると言うことも分かっているつもりです。

やはり、銀行員さんは基本的に頭の良い人が多いですから、ビジネスだけでなく、ビジネスを越えたところで銀行員の人脈を持っていると言うことは私の人生にとっても、すごくプラスのことだと思っています。

公平・中立をコンセプトとする『有限会社 夢・アシスト』では、たくさんの銀行とのネットワークを有していますが、全ての銀行に対しても『公平・中立』の立場でクライアントにとって一番有利な銀行をご紹介する事をモットーとしております。


今回の地銀さんは、私のクライアントの借入金を、全て金利を落として肩代わりをしてくれそうな勢いです。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net
posted by Matsuzaki at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年03月18日

介護事業

介護事業を検討中のドクターのクリニックに訪問しました。

大手ハウスメーカー4社が競合しています。

もちろん、私は『公平・中立』の立場で立ち会っております。


サラリーマン時代は、ある特定の建築会社と提携しており、
その会社(決して安くない!!と言うより割高)でクリニックを造っていました。

そのやり方が決してクライアントのためではなかったため、独立・開業後は、建物を建てるときは、必ず複数のハウスメーカーの中からドクターに選んでもらっています。

図面と見積もりが上がって来ました。今月末か来月初めには、どのメーカーにするのかを決定し、次の段階の資金調達に入ります。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net
posted by Matsuzaki at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年03月16日

ブログ再開

永らくお休みいたしておりましたブログですが、改めて再開いたします。

4月開始を目標としている(ドクターのお役にたつための)新規事業の構築や、専門職大学院の受験、大学(非常勤講師)における『コミュニケーション支援』の講座及び、専門学校での『経営戦略論』の講座のシラバス作成等の理由でブログをお休みしておりました。

クリニックの記帳代行を行っている関係で、税理士の決算補助業務も3月15日付けで一段落致しました。


・新規事業
・専門職大学院
・大学
・専門学校
そして、本業の
・ドクターの開業・経営支援
に関する日常を書き綴って行きたいと思っております。

宜しくお願い致します。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net
posted by Matsuzaki at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月22日

辻斬り

・・・と言っても、無差別に斬ったわけではありませんが。

今日、私が事務長を務めているクライアントさん(医療法人)の従業員を解雇しました。

医療オープンブック経営(従業員に財務諸表の全部または一部を見せて経営に参画させる)を行っている医療法人さんでの出来事です。

年に四回、目標設定と進捗管理をし、それを元に評価を行うというスタイルです。

この医療法人さんでは頑張った人には十分な(!!)報酬が与えられす。

私も羨ましいくらい本当にたくさん貰えるのです。

その反面、今回の様に戦力外通告をしなければならないこともあります。

もちろん、この医療オープンブック経営のお陰で、経営者であるドクターは、ほとんど何もせずとも(失礼!!)医療法人の財務諸表は素晴らしいです。

戦略設定から戦略の組織への落とし込みには、年四回の面談が回数的には効果的のようです。

働いている人もきっちり評価されるので、やりがいを感じているようです。

医療オープンブック経営・・・今月ご契約いただいたドクターにも
採用いただく予定です。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net



posted by Matsuzaki at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月11日

若い人にとって『魅力的な会社』

クライアントさんへの更なるサービスの向上のために、ある試験を受けました。

そんな場合ではないのですが、試験が終わった夜と言うことで、一人で飲みに行きました。

その店のカウンターの隣の席に座った年輩の方から話しかけられました。

その方は上場企業で研究者として勤めあげた方で、今は優雅に年金生活をされているとのこと。

私が経営者であることが分かると、その方は

『若者に魅力がある会社を作ってください』

と仰いました。

彼の時代は、終身雇用で、安心して研究に集中できたとの事。

20代の頃、給料が少なくても、40歳くらいの先輩の結構な給料をもらっている姿をみると、我慢もできたし、少しでも早く仕事を覚えようとそして早く先輩のようになろうと自然と努力したものだったそうです。

『兄ちゃんの会社で、20歳の新卒が40歳になった時に、年間1000万円の給料払えるか?払えるような魅力ある会社作ったら
若い子はいくらでもついてくるで』

年末から年始にかけて、クライアントが急増しました。
自分でも怖いくらいに契約をいただいています。

元日に今年の目標を決めたのですが、すでに変更しました。

今年の目標は
『若い人にとって魅力的な会社を作る』

もちろん、クライアントへのサービスの質を今以上にあげることは当然です。

今年も大学や専門学校で学生さんに経営学を教える予定です。
インターンで私の会社に来た学生さんが、私の会社に就職したいと思えるように・・・。

(試験が終わったので)明日から仕切り直しです。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net


posted by Matsuzaki at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月06日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本日(6日)も午前、神戸のドクターのご訪問から始まり
21時の尼崎の歯医者さんへのご訪問までとせわしなく阪神間のクライアアントさんめぐりと言ういつものパターンで本格始動致しました。

今年は、ドクターの医療経営のお手伝いは当然として、ドクターの『お金』に関するご相談をも力を入れていきたいと思っています。

2010年の『有限会社 夢・アシスト』は

ドクターのプライベートバンク的な存在になることを目指します。

本年も宜しくお願いいたします。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net

  




posted by Matsuzaki at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記