2007年08月18日

ビジネスプラン

昨日最後のお仕事はドクターとの携帯電話でのご報告とご相談。

ふと時計を見ると22時。その後、ビールをあおって、夕食を食べて風呂に入って気が付くと24時。

寝ようかな?と思ったのですが、アルコールが抜けた後の異様に頭が冴えた状態になってしまっていて、気が付くと朝の5時。

途中、30分ほど千葉県の地震のニュースで中断したものの、久しぶりにビジネスプランを作成しました。

お客さん(クリニック)のビジネスプランや(お客さんの)融資のための資料作りは日常なのですが、今回は自分のビジネスプランの作成です。

実は9月から、介護事業をされているドクターと一緒に弊社が中心になって介護関係のビジネスを立ち上げる予定です。

今回はクライアントさんを巻き込んでいるわけですから、絶対に失敗は許されません。

さらに、いつも講師としていろいろな機関で偉そうな事を言っているので、生徒さんからも注目されています。

心地よいプレッシャーを受けながら(?)大きな戦略と仕組みの
ビジネスプランは作成できたと自負しております。

この仕組みが、クライアントさんの介護事業にプラスとなることを祈念しつつ・・・。少し寝ます。

ドクターの開業・経営支援 有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net/

posted by Matsuzaki at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年08月04日

重量鉄骨?軽量鉄骨?

介護事業所の建築業者からの見積もりが出揃いました。

重量鉄骨・・・大きなスペースが確保できるが、割高、償却期間が長い。固定資産税が高い。

軽量鉄骨・・・その逆。

それぞれの建築会社さんは、それぞれの強みとする構造で提案をしてきました。

ドクターと最終決定までとことんお話しをするつもりです。

個人的には、割安で償却期間が短い軽量鉄骨で「身軽に」介護事業に参入していただきたいです。


ドクターの開業・経営支援 有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net/
posted by Matsuzaki at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年07月28日

簡易トイレ

私の開業部門の最大のブレーンである、「株式会社 フジアウテック」さんが新商品を開発されました。

弊社も介護をされているドクターに、順番にご紹介させていただいております。


ポータブル水洗トイレ

http://www.e-toilet.jp/ToiletUnitB/

介護をされるご家族・ヘルパーさんの負担減は間違いなしです。




ドクターの開業・経営支援 有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net/
posted by Matsuzaki at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年07月27日

特浴

デイサービスの建築にあたり、お風呂のご相談を承りました。

特に「特浴」をどうするか?ということなのですが、他のデイサービスと差別化を図るには

お年寄りが楽しんでくださることはもちろんのこと

@ドクターが居ること
Aお食事が美味しいこと
Bお風呂が充実していること

です。

と言うわけで、お風呂には施設的にお金をかける事になりました。

建築屋さんのいている前で、営業妨害になるのですが、特浴の製造元をご紹介する事になりました。

100万以上の節約になると思います。

建築屋さんも紳士的に譲歩していただきました。

正直なところ、なかなかデイサービスでは採算を取れません。
出来る限り身軽な開業をお手伝いさせていただきます。


ドクターの開業・経営支援  有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net/
posted by Matsuzaki at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年07月26日

こうせんちん!?

高専賃(高齢者専用賃貸住宅)を医療法人が行えるように、医療法が改正されました。

数週間前から、あるドクターのクリニックの近くの土地で、シミュレーションを行っていたのですが、(土地の大きさ、建ぺい率等の関係で)残念ながら、いま一つ利回りが良くないことが判明しました。


ドクターの開業・経営支援 有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net/







posted by Matsuzaki at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年05月09日

事業計画書

jigyoukeikakusyo.JPG
介護事業をお考えのドクターに、以前ある上場企業の建築会社をご紹介させていただいたのですが、その会社から、ドクター宛に事業計画書が届きました。

遊休土地を持っているオーナーさんに、(この建築会社の得意としている軽量鉄骨で)介護事業所を建てていただき、クライアントのドクターが超長期(30年くらい)のリース契約を結ぶというものです。

オーナーさんは遊休土地から収益が上がるし、ドクターは巨額な投資資金の調達が不要に(毎月のリース料のみ)なるという双方にメリットがある事業計画です。

もちろん、デメリットもありますので、そのあたりはきっちりと説明責任を果たすつもりです。

ドクターとオーナーの思惑が一致すれば良いのですが。







posted by Matsuzaki at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年04月13日

バリアフリー2007展

午後のクライアントさんのご訪問の前に、インテックス大阪の「バリアフリー2007 〜第13回 高齢者・障害者の快適な生活を提案する総合福祉展〜」に行ってきました。

最近ドクターから介護事業に関しての意見を求められるので、最新の情報を仕入れる事を意識しています。

介護事業を行うために必要不可欠なものを扱う企業から、介護を行う上でのアイデア商品を扱う企業までさまざまな企業が出展していました。

その中で、クライアントさんにとって有用であろう企業さんとのコネを数件作ってきました。その中で一件でもクライアントさんとの良い「ご縁」となれば嬉しいです。
posted by Matsuzaki at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護

2007年03月24日

医療法人を母体としての介護事業

昨年、医療法人成りをされたドクターから、介護事業参入準備のご指示を頂きました。

大阪府のローカルルールで医療法人後一年間は基本的に定款変更ができない(介護事業を定款の目的に加える事ができない)ため、一年間我慢を余儀なくされました。

早速、司法書士先生と行政書士先生に携帯を入れておきました。
プロジェクトチームの誕生です。

介護事業を行う土地はドクターの個人名義で取得済みで、現在は100円パーキングで運用中です。

この土地の上に建物を建てる場合

1、ドクター個人名義で建設して、医療法人に貸し付ける。

2、ドクターの土地の上に医療法人が建設する。

3、土地を医療法人に出資して、医療法人が建設する。

4、5、6、と選択肢はあるのですが、守秘義務の関係で・・・。

どの選択肢を採用するかのシミュレーションを次回のご訪問日までに作成する事をお約束してきました。

相続まで視野に入れたシミュレーションです。腕の見せ所です。
posted by Matsuzaki at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護