2007年05月08日

労働保険

この時期、労働保険の申告と、雇用保険の申請の手続きの依頼でバタバタしています。

前者に関しては、医師会や医師共同組合等が代行しているので、(医師会に加入のドクターに関しては)そこへ、私が給与計算の結果等を集計して報告するだけなのですが、未入会のドクターに関しては、私が窓口になって社会保険労務士が代行しています。

後者に関しては、やはり『春』と言う季節柄でしょうか、クリニックが従業員さんの増員を行ったり、寿退社をされたり・・・と出入りが結構激しい時期です。

ここで一番大変なのは、円満退社ではない場合。

めったに無いことなのですが。

医師協同組合に提出する書類に、退職理由と(ドクターによる)その詳細の欄、(離職者による)異議の有無の欄があります。

そこを記載するのに、ドクターの意見と離職者の異議のヒヤリングを行うのですが、この作業が本当に厄介なのです。

もちろん、お忙しいドクターがこんな事をしていられませんので、このサービスに関しては、結構ドクターから感謝していただいております。

どのクライアントさんも、クリニック経営がある程度落ち着いてきても、従業員の問題で悩まれているようです。

かといって、社会保険労務士と顧問契約をするほどでもないと言うのが現状のようです。

クライアントさんにとって、弊社が窓口になって、社会保険労務士の(無料の)アドバイスを得、何か社会保険労務士にスポットで仕事を依頼したときだけ、報酬が発生すると言うシステムはかなり便利なようです。
posted by Matsuzaki at 07:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 人材