2011年07月10日

修士論文

大学院の修士論文は最低条件として20000文字という制約があります。

一応22000文字を書いて、最後のインプリケーションを書くのみとなりましたが。

一年半の大学院生活の総括として、内容的にイマイチ納得がいきません。

『経営』と『経営学』が違うものであると言うことは分かっていたつもりでしたが、

経営学を学んだら、経営が上手くいくのだろうか?

もしそうであったら、経営学の学者が経営をしたら上手くいくはずであるが、実際に経営学者が会社

を興して、見事に失敗した例も経験済みなのです。(あの学者の経営はひどかったなぁ。)

経営を行って、その上で経営学を学ぶと得るものがあるのでしょうね。その証拠に、私が行っている

経営大学院の入試には実務要件がありますから。

この修論をもとに、弊社の新規事業である『Yume Qjin』事業を加速させて行くつもりです。


阪・尼崎・西宮・神戸・芦屋・吹田・豊中 医療求人サイト Yume Qjin
posted by Matsuzaki at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/46678107
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック