2008年04月27日

インターン生

私が平取締役を務めている企業さんの関連企業である

株式会社 フジアウテック

http://fuji-outech.skr.jp/

さんは、大阪府立青少年会館

http://www.opyh.jp/edu/

の若者育成事業の一つである長期実践型インターンシップに賛同されて、若者を受け入れています。

そのインターン生君は大阪の大学院生で、私が彼のお世話役もさせていただいています。

お世話役と言ってしまえば彼に失礼な表現なのですが、具体的には、会社設立の手続きや、市場調査、資料作り等を彼に依頼して、そのバックアップ係と言ったところです。

この学生さんは、すごく優秀で既に上場企業の内定ももらっているとの事。

先日は、彼と大阪産業創造館のワンコイン(500円)セミナー「IPO」に一緒に参加しました。

理系の彼に、会社設立、市場調査、IPO対策と完全に文系の分野を押し付けているのですが、全て満足の行く結果を出してくれています。

今回のセミナー後、安物の中華料理屋さん遅い夕食をとったのですが、セミナーの内容に関する質問が次から次へと投げかけられました。

一応、私もコンサルの端くれですので、全ての質問には答えたつもりなのですが・・・。納得してくれているかどうか・・・。

指示をしたことは確実にこなす。
問題意識を持ってセミナーに参加する。

近頃の若い者は・・・の後に続く言葉は確実に否定的なのですが。

近頃の若い者は、本当に優秀です。

その若者が数年で会社を辞めるのは、『我々「大人」に問題があるのでは?』と思うようになりました。

「指示待ち族」と揶揄されますが、指示通り仕事できない大人が如何に多いか。

その優秀な彼に、上場企業の内定の報告を受け

「おめでとう」の乾杯の後に一つ意地悪な質問をしました。

「私が平取を務めている会社に就職する気はないの?この会社儲かる可能性はすごくあるねんで」

「では、私の会社は?税理士、社労士、司法書士、弁護士をはじめ、私の周りの「チーム松崎」はこんなに知的プロフェッショナル集団やで」


このワンコインセミナーでIPOのメリットは

1、資金調達ができる
2、創業者利益が得られる
3、優秀な人材が確保できる

とあったのですが

3、について改めて認識した夕食でした。

ちなみに、この安物中華料理屋、地下鉄本町駅のすぐ近くで、
周りを見渡すと上場企業の商社マンがいっぱいで・・・

「あの、バーコード親父・・・」
「あいつ、一回殴ったらな・・・」

と右の席からも、左の席からも聞こえてきました。

これがサラリーマンの「呑み二ケーションやで」「良くも悪くも
これが現実やねんで」とは言っておきましたが、どのように受け止めたかは次回会ったときに聞いてみよう思っています。

「日本的経営論で言えば、これが職場の横の繋がりを維持し、ひいては会社への忠誠心へと・・・・」という経営学の教科書に書かれていることは野暮なので説明はしていませんが・・・。


弊社も優秀な人材を確保するためにIPO目指さないと・・・。
おっと、まだ「有限会社」でしたね。

「チーム松崎」はクライアントさんの問題解決に向けて、私のネットワークで「問題解決のためのチーム」を結成し、目的を達成した後は、即座にチームを解散する。

最適、最強のチームを結成するのにもかかわらず、チームの維持管理コストがかからないため、クライアントさんの経済的負担も低くなるという考え方です。

そのために、「有限会社 夢・アシスト」は、日々優秀なブレーンのネットワークを構築し続けます。


ドクターの開業・経営支援
有限会社 夢・アシスト http://www.yume-a.net




posted by Matsuzaki at 13:54| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/14470259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

お勧めのアルバイト
Excerpt: 個人的なお勧めのアルバイトは電器屋です。ヤマダ電機やビックカメラみたいな。何故だか自給がすごくよく、まとまって入れるのが魅力です。接客がメインになり、ずっと立ちっぱなしになるので、それが苦にならない人..
Weblog: アルバイトのある生活
Tracked: 2008-12-29 02:33