2010年01月22日

辻斬り

・・・と言っても、無差別に斬ったわけではありませんが。

今日、私が事務長を務めているクライアントさん(医療法人)の従業員を解雇しました。

医療オープンブック経営(従業員に財務諸表の全部または一部を見せて経営に参画させる)を行っている医療法人さんでの出来事です。

年に四回、目標設定と進捗管理をし、それを元に評価を行うというスタイルです。

この医療法人さんでは頑張った人には十分な(!!)報酬が与えられす。

私も羨ましいくらい本当にたくさん貰えるのです。

その反面、今回の様に戦力外通告をしなければならないこともあります。

もちろん、この医療オープンブック経営のお陰で、経営者であるドクターは、ほとんど何もせずとも(失礼!!)医療法人の財務諸表は素晴らしいです。

戦略設定から戦略の組織への落とし込みには、年四回の面談が回数的には効果的のようです。

働いている人もきっちり評価されるので、やりがいを感じているようです。

医療オープンブック経営・・・今月ご契約いただいたドクターにも
採用いただく予定です。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net



posted by Matsuzaki at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月11日

若い人にとって『魅力的な会社』

クライアントさんへの更なるサービスの向上のために、ある試験を受けました。

そんな場合ではないのですが、試験が終わった夜と言うことで、一人で飲みに行きました。

その店のカウンターの隣の席に座った年輩の方から話しかけられました。

その方は上場企業で研究者として勤めあげた方で、今は優雅に年金生活をされているとのこと。

私が経営者であることが分かると、その方は

『若者に魅力がある会社を作ってください』

と仰いました。

彼の時代は、終身雇用で、安心して研究に集中できたとの事。

20代の頃、給料が少なくても、40歳くらいの先輩の結構な給料をもらっている姿をみると、我慢もできたし、少しでも早く仕事を覚えようとそして早く先輩のようになろうと自然と努力したものだったそうです。

『兄ちゃんの会社で、20歳の新卒が40歳になった時に、年間1000万円の給料払えるか?払えるような魅力ある会社作ったら
若い子はいくらでもついてくるで』

年末から年始にかけて、クライアントが急増しました。
自分でも怖いくらいに契約をいただいています。

元日に今年の目標を決めたのですが、すでに変更しました。

今年の目標は
『若い人にとって魅力的な会社を作る』

もちろん、クライアントへのサービスの質を今以上にあげることは当然です。

今年も大学や専門学校で学生さんに経営学を教える予定です。
インターンで私の会社に来た学生さんが、私の会社に就職したいと思えるように・・・。

(試験が終わったので)明日から仕切り直しです。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net


posted by Matsuzaki at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2010年01月06日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本日(6日)も午前、神戸のドクターのご訪問から始まり
21時の尼崎の歯医者さんへのご訪問までとせわしなく阪神間のクライアアントさんめぐりと言ういつものパターンで本格始動致しました。

今年は、ドクターの医療経営のお手伝いは当然として、ドクターの『お金』に関するご相談をも力を入れていきたいと思っています。

2010年の『有限会社 夢・アシスト』は

ドクターのプライベートバンク的な存在になることを目指します。

本年も宜しくお願いいたします。


ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト

http://www.yume-a.net

  




posted by Matsuzaki at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記