2009年11月28日

大学ゼミ同窓会

大学のゼミ同窓会に参加しました。

卒業以来ずっと年に一回11月恒例のイベントで、私はほとんど皆勤です。

教授には結婚式をはじめさまざまな人生の節目でお世話になっています。

目標の国立大学を落ちて、母校にお世話になって、この教授のお陰で『この大学で良かった』と本心から思っています。

4歳の娘も今回は連れて行ったのですが、現役生の女の子が相手をして下さったおかげで、久しぶりに同期とも教授ともお話しできました。


教授と2人きりでお話ししたのは3分くらいですが、この3分で自分の事業の悩みを解決していただきました。

明確な方針が出来ました。

やはりこの教授は『鋭い』です。

いつもゼミ生の一人ひとりを気にかけて下さっています。


私も私立大学や専門学校の非常勤講師をしています。

ここまで学生さんの一人ひとりをきちっと見ているかと言うと
正直自信ありません。

私が19歳(1浪ですので)で教授と知り合った時の教授は43歳


その時の教授の年齢に近付きつつある現在、娘のような現役生の学生さんとお話ししながらふと考えました。


『教授が今の私の年齢だった時、私から見た教授はもっと大人だった様な・・・』

娘の相手をしてくださった可愛らしいこの現役生のお嬢さんに私はどのように映っているのかなと。

この一年、娘、息子と言ってもおかしくない学生さんたちをインターンシップでお預かりして、「私のビジネスのノウハウを全部盗んでくれ」と本気で思っていますし、特に出来の悪い学生さんが努力して、失敗している健気な姿を見るにつけ、心の底から『可愛い、いとおしい』と思える日々を過ごしています。

来年もインターンシップを行います。

教授のゼミ生をインターンシップでお預かりする日も近いと思っています。


 ドクターの開業・経営支援

有限会社 夢・アシスト http://www.yume-a.net
  
posted by Matsuzaki at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年11月20日

はやる理由

このところずっと朝の3時4時まで仕事をしています。

12月の第一週まではこのペースが続きそうです。

今日のスケジュールは、

朝から11時までデスクワーク。
11時から地銀で支店長と打ち合わせ。
13時から歯医者さんご訪問。
15時から別の地銀さんの支店長と打ち合わせ
16時からその地銀さんの支店長と内科さんへ同行
18時から上場企業さんからの注文の処理
20時から歯医者さんご訪問。


帰宅して一息ついたのが午前1時です。

『ブログを書く暇があるうちはシレテる』とある方から言われたのですが、今日は嬉しいことがあって、ブログが書きたくて仕方なく、仕事を後回しにしています。

地銀の支店長と融資OKの報告とその条件を伝えに内科さんを訪問した時、

『今日も疲れたなぁ〜』と言いながらドクターが、栄養ドリンクと缶コーヒーを控え室から持ってこられました。

栄養ドリンクを差し出し『松崎君にはこれや』

『疲れてそうに見えますか?』

『俺、医者やで』

この心遣いこそが、はやって(儲かって)いるクリニックである理由なのだと思います。

(クライアントの前で、疲れた顔をしてしまっていたのはこちらの落ち度です。気を付けないと・・・)


さて、今からもうひと踏ん張りです。

でも、明日は9時から専門学校で経営戦略論の講師の仕事です。
学生さんが待っていてくれていますので、それなりの時間には眠らないと・・・。

posted by Matsuzaki at 01:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記

2009年11月06日

プロ意識

今週は敗戦処理にまわっています。

建設的ではありませんが、クライアントの信頼をアップさせるチャンスでもありますので。


数回のご訪問にわたってご相談にのり、ある保険商品をドクターと選びました。

先日、保険会社の方に重要事項等の説明のためにクリニックに来ていただきました。あとは手続きのみという段階になったので、保険会社にお任せして失礼させていただいて、別のクライアントに向かいました。

今日、偶然、その記載方法が間違えていることが判明しました。

ドクターの『何かおかしい』の一言からです。

信じられないことですが、どうも保険会社の方が自社の製品の仕組みを分かっていなかったようです。

プロ意識の欠如と言うより・・・

結局私が新しい書類を取り寄せて書き方をご教授しました。

ドクターから顧問料を頂いているので別に良いのですが、私が営業(?)して、クレーム処理して報酬はゼロなのに、保険会社は、何もせずに契約書を持ってくるだけで、さらにミスをしてその後のフォローは何もなしなのに、報酬がある。う〜ん。

まぁ、ドクターからの信頼がアップしていたらそれで良いのですが。

posted by Matsuzaki at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年11月04日

厚労省のせいにするのは・・・

厚労省のせいにするのは止めにしませんか?


クリニック経営にとって厳しい環境であることはわかりますが、
厚労省のせいにしても仕方ありません。

同じ条件の中で『儲かっている』クリニックもあるのです。

戦略と経営管理、一つ一つの積み重ねなのです。

ほんのちょっとした事が、街のクリニックが『儲かるか儲からないか』の分岐点なのですから。

先生、意地を張らずに私の話を聞いて下さいよ。

経営学の専門家に医学的に反論されても何も解決しません。

安定的な経営があってこそ、医療の『質』が議論できるのだと思います。

posted by Matsuzaki at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記