2009年06月27日

廃業

父の会社の下請けさんが来月で40年の歴史を閉じ、廃業されるとの事。

私にもお気遣いいただき、挨拶状を送っていただきました。


今日も朝の9時半から難波で90分間、経営戦略の講義をして、11時半に心斎橋の地銀さんでクライアント(医科)の融資の打ち合わせ、意外にも30分であっさりと終了したため、次の13時の尼崎での建設会社さんとの打ち合わせまでに30分だけ余裕があったので、本町のその社長さんに会いに行きました。建設会社さんとの打ち合わせの後、16時から18時まで、父のGPS関係のお仕事、19時から保険会社さんと、ハウスメーカーの営業マンと一緒に西区の歯医者さんをご訪問。地下鉄を乗る時には既に23時・・・。


このスケジュールで30分間時間が取れたのは・・・奇跡のようです。結果的に・・・社長に挨拶ができて良かったです。

『久し振り。よく来たね』

『ご無沙汰しております』

この会社さんとの出会いは、約10年前。父の会社の30年来の下請け企業さんの品質と社長の態度がどうしても気に入らなくて・・・。父に内緒でこの会社を探しだし、ほとんど強引にこの社長さんに仕事を回しました。

父とはそのことでかなり険悪な雰囲気になりました。

『お前は血も涙もないのか?長年の付き合いと言うものがあるやろ』

今でもこの言葉を言われた瞬間が忘れられません。


しかし、この選択は結果的に正解でした。

その後私も脱サラし、今のような生活では、前の下請けさんでは到底仕事がまわらなくなっているのは明確なのですから。

前の下請けさんには、私が大阪市内の渋滞地域を大きなワゴン車で品物を受け取りに行き、西宮の上場企業さんに納品に行っていたのですが、この社長さんは、父の会社に配達して下さり、ここ数年、私が父のこの仕事に対して、ほとんど関与できなくなってからは、得意先まで一緒に納品に行ってくれたり・・・。

二年前、父が長崎出張している時に、急遽、大きな仕事が入って、自分の仕事を調整して、この社長さんには徹夜で仕事をしてもらって、17時の上場企業さんの納期を目指して、積載オーバーで16時半に駐車場について、納品が終わったのが5分前というスリリングな経験が未だに先日のように思えます。

積載オーバーで、ちょっとした段差で車が尻もちをつくので、30キロくらいしか出せず(確か制限速度60キロの国道だったはず・・・)、また、積載オーバーの関係でブレーキが利かない。

納品の後は缶コーヒーで乾杯!!

この社長さんには3件の得意先があったようで・・・父の会社がそのうちの一件だったようです。

しかし、今年になってその内の2件が廃業及び東京移転で、父の会社からの仕事もほとんどなくなると言う事態に及んで、遂に決心をされたとの事。

『今なら、従業員の女の子に少しやけど退職金も出せるしな。。』

『松崎君が10年前、仕事をバンバンくれた事。ホンマに嬉しかったで』

社長さんは『悔いはない』とおっしゃっていました。

悩んで悩んで決心された事だと思います。

『華麗なる撤退』に拍手を送りたいと思います。

社長さんの会社も、父の(以前私が担当していた)この部門も決して将来が明るい業界ではありません。

この道40年・・・。偉大です。

社長さんの前では涙をこらえることができましたが、本町駅までの間は涙をこらえることができませんでした。

私の医科・歯科のクライアントさんからの仕事も以前は結構あったのですが・・・ネット業者には価格的に勝てません。

もちろん品質では、ネット業者には負けるわけはありませんが。

そこまでの質を世の中が必要としなくなりました。

『それが時代の流れや』

社長さんのその言葉が今でも頭の中で渦巻いています。


本当にお疲れ様です。

これからは大好きなビールを片手に、大好きな「阪神タイガース」を応援するために、いつでも甲子園に行けますね。

少し、ゆっくりされて下さい。

社長からはいろいろな事を学びました。経営者として少しは成長したと思います。

ありがとうございました。


社長のような、真面目で義理人情に厚い中小企業のオヤジさんが日本経済を発展させてきたのだと思います。



以前のようにお仕事をまわせなくなった事、ご容赦ください。





posted by Matsuzaki at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記

2009年06月21日

元気ですよ

日曜日だと言うのに、携帯が鳴りっぱなしでした。

不思議なことに皆さん

『用は特にないけど、元気?」

『ブログも更新されていないし・・・、たぶん忙しいからだと思うのだけど・・・』


お気遣いありがとうございます。

今日は流石に、婦長さんから頂いた栄養ドリンクにお世話になりましたが、・・・元気です。



posted by Matsuzaki at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記